最終結果報告

えー、39日前に最終更新して以来ということで、お久しぶりです。

 

長崎大学の2次試験が終わってこのかた、何をしてきたかっていうと、

 

・・・・

 

 

特に何もしていませんでした。

あえていうなれば、チアリーディングのチームに復帰しました。

昨年の夏に、医学部学士編入受験を決め、わがままを言って抜けたチーム。

就職してすぐ(2年半前)から1年半だけ、苦楽を共にした仲間たち。受験中は行くたびに温かく迎えてくれるチームです。毎週筋肉痛です。

 

まぁそれはいいとして、長崎大学はどうなったか。

 

・・・「追加」合格でした。

 

合格発表時では、落ちていました。

そして愛媛大学に行こうと決めていたのが10月20日あたり。

 

それが先週突然会社に電話がかかってきました。

携帯の番号をなぜ書いておらず、家にかかけてみたがつながらなかったので、会社にかかってきました。こういうこともあるんですね。

 

長崎大学愛媛大学か(弘前大学は後述の理由から選択肢として無かった)。

愛媛は手続き完了済み。入学金振り込み済み。

入学金をまた無駄にするのか・・。

(大学受験でも現役浪人時代含め何度か無駄にしています。親からすれば完全な人非人です。)

 

結局、長崎大学に行こうと思います。入学金は泣く泣く捨てます。

そこで選んだ基準を、今回はご紹介します。

僕が進学先を選ぶ基準はシンプルに二つです。

①家が近い

②歴史がある こと。

①は、なんといっても実家に帰りやすいところ。

やっぱり、家族は大事です。

これから5年(以上)また無産階級に戻ろうという大馬鹿親不孝息子です。編入を目指している人は、最低22歳であり、両親ももう若くありません。

その5年間でせめてできることは、元気な顔を見せることぐらいではないでしょうか?

実家に帰りやすいところがいいです。

福岡在住なので長崎、愛媛、弘前だったら長崎です。

愛媛と弘前だったら愛媛です。

 

②とは何か。簡単に言えば学歴志向です。

僕もこういう考え方はあまり好きではないです。

国立医学部は(私立もだけど)、

旧帝国大(東京、京都、九州、東北、北海道、大阪、名古屋)↓

旧六医大(新潟岡山千葉金沢長崎、熊本)↓

新八医大(医科歯科弘前群馬鹿児島鳥取、信州、徳島、広島)↓

新設医大(筑波秋田愛媛琉球大分富山島根香川福井高知浜松医科滋賀医科旭川医科など)

と順に設置されてきた経緯があるようです。(太字は編入があるところ)

ここにヒエラルキーがあるとかないとか。(ないことを願います。)

もしいくつか選ぶ贅沢が許されたとき、なるだけ古いところに行った方がいい、という勝手な考えです。

 

追加合格ということで、上位5名の枠に入っていなかったという点は悔やまれます。

そしてそこに進学するのかよ!という突っ込みも聞こえてきそうです。

僕も正直悔しいです。もっと勉強しておけばよかった。

しかし合格をいただけたという運を大切にしつつ、進学の手続きを進めていこうと思います。